働き方改革

働き方改革

当社では、従業員一人ひとりがライフステージに応じた働き方を選択でき、個々の能力を発揮できることが、従業員の自己実現や当社の持続的な成長につながると考え、働き方改革に取り組んでいます。

ビジネスにおいては、リソースとは「ヒト・モノ・カネ」のことを指しますが、当社では、「時間」もリソースとして捉えています。限りある時間を有効活用することで、仕事の效率を高めるとともに、積極的な休暇の取得も推進しています。捻出された時間は、お客さま、人財育成、自己研鑽へと充当するとともに、育児・介護に携わる従業員をはじめ、すべての従業員が「ワーク」と共に「ライフ」も充実した働き方ができるよう、ワーク・ライフ・バランスの充実を図っています。

有給休暇の取得推進

積極的な休暇の取得を推進しています。半日単位での取得のほか、一週間連続休暇制度などで有給休暇の取得率向上につなげており、2019年4月〜2020年3月の一年間の平均有給取得日数は14.2日(消化率71%)となっています。

子の看護休暇・介護休暇の取得

育児・介護休業法規則等の改定により、2021年1月より子の看護休暇および介護休暇を1時間単位で取得することが可能となり、より柔軟な働き方ができることになりました。

残業時間の削減

「時間をリソースと捉える発想」のもと、限りある時間を有効活用し、効率的に働くことを目標としています。毎週水曜日はリフレッシュデー(定時退社)、毎月第二金曜日はプレミアムフライデー(16時退社の奨励)を実施しており、自己啓発やプライベートなど、「ライフ」の充実を図っています。(2020年12月時点は、コロナ禍の影響により就業時間を短縮中です。)

女性活躍推進・ダイバーシティ推進

女性が活躍できるフィールドは広がっており、より積極的に責任を持って仕事に取り組める環境を作っていくことが大切と考えています。育児休業制度をはじめ、復職後も短時間勤務制度や看護休暇制度が利用でき、育児と仕事の両立をサポートしています。
また、ダイバーシティ推進のためには、まずは女性がもっと働きやすく、もっとモチベーション高く、もっと活躍していってほしいとの思いから、女性役員や有志スタッフを中心に社内チームが立ち上がりました。女性社員同士の交流やダイバーシティ関連の研修などを企画・運営しており、社内の女性活躍とダイバーシティ推進をサポート、女性はもちろん誰もが活躍できる職場の実現を目指しています。

男性育休(育児休業)の取得

銀泉では、男性社員にも育児休業の取得を呼び掛けています。今年度は、男性社員3名が育児休業(3週間~2ヶ月)を取得しています。社員からは、「早い時期から育児にしっかりと取り組めた。」「寝不足の妻を支えることができた。」等、育休を取って良かったとするコメントがありました。また、上司からも「部内をはじめ周囲の育休に対する理解は十分にある。」「育休をとるためにも、ぜひ早めに上司と相談して欲しい。」との育休に前向きなコメントが聞かれています。

業務効率化

当社では、Web会議・TV会議システムやタブレットの導入によりリモートでも効率的に会議ができる環境や、ペーパーレス化、RPA(Robotic Process Automation)導入の検討・推進等、業務効率化に取り組んできました。2020年度には、ウィズコロナを見据え、業務フローや働き方を全社横断的に「ゼロベース」で見直すため、社長直轄の業務改善プロジェクトチームを組成しています。コロナ禍の影響もあり、従前のままの働き方や発想が通じなくなって来ていることも踏まえ、テレワーク以外にも、ペーパーレス・印鑑レス・事務レスなどの観点も含めて、ワークスタイルの変革に取り組んでいます。