銀泉株式会社GINSEN co.,ltd.

サステナビリティ

コンプライアンス・リスク管理体制

当社は、「内部統制システム構築に関する基本方針」のもと、コンプライアンス及びリスクマネジメント体制を整備し、活動を行っています。コンプライアンスについては、コンプライアンス体制の根幹をなす規程として、「コンプライアンス総則」を定め、企業としての社会的責任と公共的使命を果たすため、全ての役員・従業員は自覚と責任をもって、法令・規範等の遵守に努めています。
また、リスクマネジメントについては、企業として適正・健全な経営を行うため、リスクをコントロールし、あらゆるリスクに迅速かつ的確に対応する体制の整備に努めています。

コンプライアンス総則

当社では、コンプライアンスの基本規定として「コンプライアンス総則」を定めています。「コンプライアンス総則」は、経営理念、経営ビジョン、行動指針・行動基準等を含み、全ての役員・従業員が遵守すべきコンプライアンスの根幹をなす規程となっています。

コンプライアンス委員会、リスク管理委員会の設置

当社では、効果的かつ効率的にコンプライアンス確保及びリスクマネジメントを行うために、コンプライアンス委員会及びリスク管理委員会を設置しています。

コンプライアンス・リスク管理体制図

※RMはリスクマネジメント、CPはコンプライアンスを表します。

リスクマネジメントプロセス

当社のリスクマネジメント活動は、各事業部門毎に作成するリスク管理台帳を活用して、リスクの洗い出しと計画策定(Plan)、実施(Do)、評価(Check)、是正(Action)の各段階から構成されるリスクマネジメントサイクル(PDCA)に則って実施します。

内部通報・相談窓口(VOE)の設置

当社では、社内における違法行為、反倫理行為等を通報する仕組みとして、「VOE制度(VOE=Voice of Employee)」を導入しています。また、社外相談窓口を設けており、外部弁護士が相談に応じます。本制度では、相談・通報内容や個人の情報・秘密は守られます。

BCP(事業継続計画)

当社では、「緊急時対策規程」を制定しており、緊急災害時における役員・従業員の行動指針、対応・体制等を定め、企業市民としての役割を果たすべく、迅速かつ適切な対応ができるようにしています。また、各事業部門毎に、BCPを具体的に定めています。

2019年度に、BCPの全社横断的な見直しに取り組んでいます。