ESG/SDGsへの取組

現在、世界をはじめ、日本国内においても、環境・社会・ガバナンス(ESG)に配慮した経営や、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」への貢献を経営へ取り込む考え方が、広く社会に浸透してきています。

私たち銀泉は、これまでもワーク・ライフ・バランスの推進やオフィス街緑化運動等、ESG/SDGsに関連する活動を行ってきました。

今後さらにそのような取組を加速させ、企業としての価値を持続的に高めていくとともに、社会の問題解決や発展に一層貢献していきたいと考えています。

ESG/SDGsとは

ESGとは、Environment(環境)・Social(社会)・Governance(ガバナンス)の頭文字をとったものです。ESGの3つの側面に配慮したビジネスを行うことが、長期的に付加価値を生み続けられる企業であると期待されるようになってきています。

SDGsとは、Sustainable Development Goalsのことを指し、2015年9月に国連で採択された2030年までの国際目標です。「誰一人取り残さない」をスローガンに、持続可能な社会の実現のための17の目標と、169のターゲット、232の指標が設定されています。

ESG/SDGs