教育研修制度

研修体系

教育研修制度階層ごとのステップ
※トレーニー・・・事務部門でのトレーニー研修

銀泉は、経営理念の1つに「お客さまの視点に立ち、お客さまに満足いただける最高の価値を提供します。」と掲げています。これは、当社がなによりも大切にしている「お客さま主義」です。
「お客さま主義」を実現するためには、お客さまの声を大切にし、お客さまと誠実に向き合い、お客さまに新たな商品・サービスを含めた最適なソリューションを提供していくことが社員一人ひとりに求められることになります。
そのために、新入社員の皆さんには、保険のプロ・金融のプロとして着実に成長できる研修制度を準備しています。

入社時研修

新入社員の皆さんは、入社式当日から約1ヶ月間、東京本社、大阪本社で集合研修を受けることになります。
東京本社と大阪本社をTVでつないでの研修等、東西間拠点の異動を控えながらもできるだけ同期で顔を合わせながら研修できる体制を整えています。
研修では、当社の概要や業務内容に理解を深めると同時に、社会人としてのビジネスマナーや生命保険・損害保険資格取得に向けた知識を習得します。また、併せて、同期同士でコミュニケーションをとり、“同期の絆”を深めて頂きます。

尚、本年度はコロナ禍により通常の勤務環境と異なる状況を踏まえ、11月に新入社員が集まり、これまでのOJTを振り返りつつ、日頃から心掛けたり、工夫していること、困っていることの情報交換やアドバイスしあう機会を設けています。

フォローアップ研修

入社後、2年目を迎える前に、1年上の先輩と同期と合同で研修を実施し、ご自身の振り返りや今後の目標設定を行います。

自己啓発/資格取得奨励制度

自己成長したいという社員の強い意欲に応えるために、生損保の上位資格、FP(ファイナンシャルプランナー)などの各種資格取得に向けたサポートを積極的に実施しています。

中堅以降の研修

経験年数に応じた研修を実施しており、リーダーとしてのスキル向上を目的とした「リーダーコミュニケーション」研修や当社役員による経験談をもとにした講話の研修も実施しています。